【スイッチ】コンバーターのおすすめ6選【選び方も解説】

ゲームとガジェット大好き!
ミニマル @minimal005)です。

悩み人
悩み人

スイッチでマウスやキーボードを使うためにコンバーターが欲しいな。
でも、選び方が全然分からない…。

今回はこんな悩みを解決するために、ニンテンドースイッチ用コンバーターの「失敗しない選び方3選」「おすすめ製品6選」を解説しますね。

コンバーターを接続するとPS5やXboxのコントローラーも使えるようになるので、操作性のアップ&コントローラーの数を増やせるメリットもありますよ!

本記事の内容

・スイッチに最適なコンバーターの選び方3選

・スイッチ用コンバーターのおすすめ6選

・迷ったらこのコンバーターを選べばOK

この記事を書いている人

スイッチに最適なコンバーターの選び方3選

コンバーター

まず最初に、ニンテンドースイッチに最適なコンバーターの選び方3選を解説します。

具体的には、「入力遅延」「端子の数」「アンチリコイル対応状況」の3点を確認すればOKですよ。

コンバーターとは?

コンバーターとは、マウスやキーボードの信号をコントローラー信号に変換する機器です。


スイッチやPS4では入力機器の認証が制限されていますが、コンバーターが代わりに認証してくれるので、利用可能になる仕組みです。

入力遅延

コンバーターを利用すると入力信号を変換する過程が加わるため、僅かな入力遅延が発生します。

遅延が少ない状態で遊ぶには、応答速度が早いコンバーターを利用して、USB接続でマウスやキーボードを接続しましょう。

僅かな遅延時間が重要な「FPS」「格闘ゲーム」ジャンルを遊ぶ人には大切な要素ですよ。

ミニマル
ミニマル

入力遅延は1秒未満なので、普通にゲームを遊ぶ場合は気にしなくてもOKです!

USB端子の数

コンバーター

コンバーターのUSB Type-A端子の数は1〜4個が一般的です。

PS4やXboxのコントローラーを変換して使うだけなら1ポートでOKですが、マウスとキーボードを使う場合は最低2ポート必要になるので注意しましょう。

ちなみに、無線対応製品の場合は複数のコントローラーを接続可能です。
ただし、無線だと遅延が発生することも理解しておきましょう。

アンチリコイル対応or非対応

FPS

コンバーターを使う最大のメリットと言えるのが、マクロを利用した「アンチリコイル機能」です。

まず最初に、アンチリコイルの説明は以下の通りです。

アンチリコイルとは?

アンチリコイルとは、「フォートナイト」「エーペックスレジェンズ」などのFPSゲームで、発砲時のブレ(リコイル)を自動で補正する機能です。

連射時の反応がほぼゼロになるので、敵に容易に銃弾を当てられるようになりますよ。

次にコンバーターの値段は、アンチリコイル機能の対応状況で大きく差が開きます。

具体的には、アンチリコイル非対応コンバーターの値段が4,000円以下に対して、対応コンバーターは12,000円以上と高額です。

アンチリコイル機能を利用する予定がない人は、値段が安い非対応コンバーターを選びましょう。

アンチリコイルの利用は自己責任

アンチリコイル機能は外部装置を使う「ハードウェアチート」に該当するため、ゲームによっては規約違反になります。

ただし、SNSや動画で手元を映さない限りバレないため、利用者が多いのが現状ですね。

ミニマル
ミニマル

アンチリコイル対応コンバーターは入力遅延が少ないメリットもあります。
お金に余裕があれば、利用予定がなくても対応製品を選ぶのもありです。

スイッチ用コンバーターのおすすめ6選

ここからは、ニンテンドースイッチにおすすめのコンバーターを価格が安い順に紹介していきます。

アンチリコイル機能についても解説するので、利用予定の人は要チェックです。

Vikisda スイッチコントローラー変換アダプター

Vikisda スイッチコントローラー変換アダプター
価格約1,900円
対応ハードスイッチ/PS3/PC
対応コントローラーPS4/PS3/スイッチ/XboxOne/WiiU など
USB端子1ポート
無線対応あり
アンチリコイル機能なし
悩み人
悩み人

とにかく安くて実用的なコンバーターが欲しい。
できれば、無線接続にも対応していると嬉しいな。

このようにコスパを重視する人には、たった約1,900円で購入できるVikisda製の無線対応コンバーターがイチオシです。

USB端子の数は1つと少ないですが、Bluetooth接続により2台までコントローラーを接続可能
何よりも価格が圧倒的に安いため、「迷ったらこれを選べばOK」と言えますね。

ただし、USB端子とBluetoothで1台ずつしか接続できません。
マウスとキーボードを両方接続したい人は、2ポート以上あるコンバーターを選びましょう。

OMKUY キーボード・マウス接続アダプター

OMKUY キーボード・マウス接続アダプター
価格約2,700円
対応ハードスイッチ/PS3/PS4/Xbox One/PC
対応コントローラースイッチ/PS3/PS4/Xbox One など
USB端子3ポート
無線対応なし
アンチリコイル機能なし

マウスやキーボードを接続できる安価なコンバーターをお探しの人は、約2,700円で購入可能な「OMKYU製 キーボード・マウス接続アダプター」を選ぶのもありです。

本製品にはコントローラー接続用のUSB端子が1つ、マウス・キーボード接続用のUSB端子が2つ付いており、FPSに最適な仕様になっていますよ。

ただし低価格故の欠点もあり、キーボードを使う上で大切なキーコンフィグ機能がありません。

そのためFPSをガチで遊びたい人には物足りない仕様ですが、入門機としてのコスパは優秀です。

ミニマル
ミニマル

必要十分と言えるコスパ特化のコンバーターです。
スイッチのFPSゲームは30fpsしか出ないので、これくらいの性能で丁度いいと思いますね。

JOYSKY コントローラー変換アダプター

JOYSKY コントローラー変換アダプター
価格約4,000円
対応ハードスイッチ/PS3/PS4/PS5/PC
対応コントローラーPS4/PS3/スイッチ/XboxOne/WiiU など
USB端子1ポート
無線対応あり
アンチリコイル機能なし
悩み人
悩み人

今からコンバーターを買うなら、PS5でも使える製品を選びたいな。

こんな人にイチオシなのが、PS5に対応したJOYSKY製コントローラー変換アダプターです。

PS5でPS4ソフトを遊ぶときにも使える最新のコンバーターで、

  • 超軽量な12g
  • スマートチップによる安定性&低遅延
  • 有線&無線対応によって2台まで接続可能

このように使い勝手の良い仕様になっていますよ。

その分1ポートタイプで約4,000円と値段は少し高めですが、Amazonの評価も非常に高く、質の高いコンバーターが欲しい人はこれを選べばOKです。

PS5ソフトには非対応

本製品はPS5でPS4ソフトを遊ぶときに利用可能ですが、PS5ソフトには非対応なので注意しましょう。

GameSir VX Aimbox

GameSir VX Aimbox
価格約5,200円
対応ハードスイッチ/PS3/PS4/PS5/XboxX
対応コントローラーPS4/PS3/スイッチ/XboxOne/WiiU など
USB端子3ポート
無線対応あり
アンチリコイル機能あり

「マウスやキーボードを入力遅延を気にせず使いたい!」という人には、USB端子を3ポート搭載した「GameSir VX Aimbox」がおすすめです。

本製品は専用スマホアプリ「GameSir APP」で、キーマップやマウス感度を簡単にカスタマイズ可能。
さらにリバーシブルUSB端子により上下を気にせず差し込めるため、使い勝手も優秀です。

GameSirはPCやスマホ用コントローラーでお馴染みの中華メーカーですし、1年保証もあるため、信頼性もバッチリですよ。

値段は少し高めの5,000円台前半ですが、アンチリコイル非搭載のコンバーターでは最有力候補となる製品ですね。

ミニマル
ミニマル

GameSirは家電メーカー大手のXiaomiが投資する優良企業です。
PS5にも対応していますし、個人的にはイチオシですね!

TITAN TWO ゲーミングコンバーター

TITAN TWO ゲーミングコンバーター
価格約12,700円
対応ハードスイッチ/PS3/PS4/PS5/PC
対応コントローラーPS4/PS3/スイッチ/XboxOne/WiiU など
USB端子2ポート
無線対応あり
アンチリコイル機能あり

TITAN TWOはマウス、キーボード、他機種のコントローラーを接続できる機能に加えて、「アンチリコイル機能」を備えたFPSユーザー向けのコンバーターです。

具体的な特徴は以下の通りですね。

TITAN TWOの5つの特徴
  • アンチリコイル搭載機の中では最も安い
  • マクロを3つまでインストール可能(SDカードを挿せば最大9つ)
  • キャプチャーボードで画面を読み取り、マクロを自動で切り替えられる
  • 遅延が非常に少ない
  • 設定が英語のため難易度は高い

本製品の目玉となる機能は、「Computer Vision」という画像認識アンチリコイル切り替え機能。
キャプチャーボードを本製品に接続することで、武器に合わせて自動でマクロを切り替えることができますよ!

ただし日本語の解説サイトが少ないため、利用するハードルは高めです。
英語がある程度分かる人にはイチオシですね。

ミニマル
ミニマル

ファームウェアのアップデートをすると、PS5でも利用可能になりますよ!
使いこなせれば、現状最強のコンバーターです。

ReaSnowS1 ゲーミングコンバーター

ReaSnowS1 ゲーミングコンバーター
価格約19,800円
対応ハードスイッチ/PS3/PS4/PS5/PC
対応コントローラーPS5/PS4/PS3/スイッチ/XboxOneなど
USB端子3ポート
無線対応あり
アンチリコイル機能あり

ReaSnowS1はSNSで話題になり即完売した、完全初心者でも簡単に使える多機能コンバーターです。

ニンテンドースイッチに公式対応&アンチリコイル対応している製品で、具体的な特徴は以下の通りですね。

ReaSnowS1の5つの特徴
  • 最新ゲーム機のPS5、XboxOneX、スイッチに対応
  • 利用者が多く、解説サイトが多い
  • 日本語スマホアプリで簡単にマクロを組める
  • 応答速度はわずか1mm秒
  • 国内正規品&1年保証の安心感

ReaSnowS1は使いやすさ、遅延時間、信頼性など、どれをとっても非常に優秀です。

その分値段は2万円弱と高価ですが、利用する価値のある1台ですね。

ミニマル
ミニマル

利用者が多いゆえに悪名高いコンバーターでもありますw
しかし、それだけ信頼できる製品です。

スイッチ対応コンバーターではReaSnowS1が一番人気

家庭用ゲーム機向けのコンバーターは、「ReaSnowS1」「XIM APEX」が2トップです。
しかし「XIM APEX」はスイッチに非対応のため、「ReaSnowS1」がイチオシですね。

ReaSnowS1の感想ツイート

迷ったらこのスイッチ用コンバーターを選べばOK

コンバーターの接続イメージ
悩み人
悩み人

結局どのコンバーターにするか迷うな…。
これを選べば間違いないってやつを教えて!

コンバーターは機能がシンプルなので、こう思う人は多いですよね。

今回紹介したコンバーターはどれもおすすめですが、迷ったときは以下のコンバーターを選べばOKです。

【アンチリコイル機能を使う予定がない人】

» GameSir VX Aimbox

理由:マウスやキーボードを接続できる、専用アプリで簡単にカスタマイズできる、信頼性が高い


【アンチリコイル機能を使う予定がある人】

» ReaSnowS1

理由:初心者でも簡単に使える、現状最強のコンバーター、利用者が圧倒的に多い

ミニマル
ミニマル

コンバーターは遅延や不具合が多いです。
そのため、信頼性が高く、1年間の長期保証付きの上記2製品がイチオシですね!

それでは、最後まで読んでくれてありがとうございました。

快適なゲームライフをお過ごしください!

迷ったらこのコンバーターを選べばOK