【コスパ最強】FIFINE K669のレビュー【4,000円台で買える高音質マイク】

どうも、ミニマルです。

先日、Amazonランキング上位のPC用マイク「FIFINE K669」を入手しました!

感想は、下記ツイートの通りです。

✅FIFINE K669を使った感想

・価格以上の高音質に満足
・180°の垂直回転、360°の水平回転で快適
・金属製ゆえの重量感・安定感
・若干のホワイトノイズはある
・付加機能は最低限

これで4,000円台ならば、全然ありですね。2年保証も付くので、コスパエグいです😌

上記の内容を深堀りしつつ、概要や開封レビューも紹介していきますね。

本記事の内容

  • FIFINE K669の概要
  • FIFINE K669の開封レビュー
  • FIFINE K669を使ってみた正直な感想
  • 結論:コスパ重視ならばFIFINE K669はイチオシ
  • おまけ:合わせ買いしたい周辺機器2選

今回レビューするWebマイクはこちら

FIFINE K669の概要

FIFINE K669

最初に、FIFINE K669の概要は下記の通りです。

型番K669(ピンク)、K669B(ブラック)
型式コンデンサー型
指向特性単一指向性
対応OSWindows/Mac/PS4
周波数特性20Hz-20kHz
正面感度34dB±30%(1kHz内)
負荷インピーダンス≧1000Ω
S/N比78dB
本体重量約305g(マイクコード込み)
スタンド重量約80g
電源・電流5V・3mA(USB2.0 )

上記の通りで、「4,000円台で購入できる単一指向性のコンデンサーマイク」という点から、通話用やYoutube収録用に向いています。

そして、真正面からの音に感度が一番高く、約130°の範囲で収音する設計です。

とにかく癖が少ないため、仕様だけを見ると「万人受けするマイク」と言えますね。

K669は、USB端子から電源を供給する「プラグインパワー方式」。
そのため、コンデンサーマイクには必須の「48V ファンタム電源」は不必要です。

つまり、USB端子に差し込むだけで、簡単に利用できます😌

FIFINE K669の開封レビュー

では、開封していきますね。

本体箱から開封

FIFINE K669

本体箱はこんな感じで、シンプルな化粧箱です。

4,000円台のPCマイクだけあって、ギリギリまでコストカットしている感」が伝わりますね。

とはいえ、K669が気になっている人は、何よりもコストパフォーマンスを重視しているはず。
デザインがシンプルでも、全く問題ありません。

開封後の写真

FIFINE K669

K669の同梱物はこの4点

  • ①FIFINE K669本体
  • ②金属製三脚マイクスタンド
  • ③日本語取扱説明書
  • ④サポート情報が記載された紙

開封後の印象は、「おお、値段以上に本格的なマイクだな」という感じです。

正直、安いマイクにありがちな「プラスチック製のスタンド一体型」をイメージしていましたw
しかし、K669は重厚感のある金属製、同梱物に「三脚マイクスタンド」があるため、かなり好印象です😌

説明書は日本語で記載

FIFINE K669

意外だったのが、説明書が日本語だけで記載されている点。
安価な中華製品は、英語と中国語のみの汎用タイプが多いので、親切に感じました。

あと、説明書に記載されている公式サイトにメールアドレスを登録すると、保証期間が2年間に延長されるそうです。

中華製品は耐久性が不安なので、長期保証は嬉しいところ。
長く使えるならば、マイクアームやポップガードを購入しても良さそうです。

マイク本体とスタンドをチェック

FIFINE K669
IMG_6564
IMG_6567
IMG_6565
IMG_6562
IMG_6563
tt
previous arrow
next arrow
IMG_6564
IMG_6567
IMG_6565
IMG_6562
IMG_6563
tt
previous arrow
next arrow

マイクとスタンドはこんな感じで、無骨ながらも、しっかりとした設計です。

USBケーブルは本体一体型で、長さは180cmと十分にあります。
延長ケーブルやマイクスタンドが不要な点はありがたいですね。

理想を言えば、利便性や耐久性に優れる「着脱型」のほうが嬉しいかなと。
しかし、4,000円台で2年保証もあることを考えると、十分かもしれません。

三脚マイクスタンド取り付け後

FIFINE K669

こうして見ると、「本格的なコンパクトマイク」という印象を受けますね。

三脚マイクスタンドを付けるときは、本体にある5/8サイズのネジ穴に回し込むだけでOK。

簡単に取り外しができるので、持ち運びにも最適です。

FIFINE K669を使ってみた正直な感想

FIFINE K669で通話や録音をしてみたので、正直な感想を書いていきますね。

価格以上の高音質に満足

音質についての感想は、下記の5点です。

  • ①クリアな音で、通話やYoutube収録向き
  • ②低音〜高音までフラットで、汎用性が高い
  • ③集音性が高く、小さな音でも拾ってくれる
  • ④背後の音もかなり拾うため、無指向性に近い
  • ⑤音に厚みはないため、楽器収録には不向き

上記の通りで、音質は高音質〜最高音質の間くらい。
ミドルスペックのため、一般利用には十分、楽器収録には不十分といった感じです。

価格を考えると、4,000円台とは思えないほど音質は良いですね。
音量も十分で、「こういうPCマイクが欲しかった」と思わせてくれます。

昔の低〜中価格帯のマイクは、ソニーの「PCV80U」が主流でした。
しかし、K669の方が圧倒的に音質が良く、集音性も高いので、レベルが全く違います😌

聴き比べたい人向け

シャイニングスター

4,000円台のマイクとはいえ、購入前には試聴したいハズ。

そこで、3種類のマイクを使って録音してみました。

マイクはこの3種類

  • ①FIFINE K669(約4,500円)
  • ②HyperX QuadCast(約16,000円)
  • ③MacBookPro16インチ(約270,000円、内蔵マイク)

テスト環境

  • 使用機材:iPhone11ProMax
  • マイクから約20cm離して、著作権フリーの「シャイニングスター」を再生
  • マイクボリュームは約8割に固定

気になる人は、下記の3点を再生してみてください。

①FIFINE K669(約4,500円)

②HyperX QuadCast(約16,000円)

③MacBookPro16インチ(内蔵マイク)

【感想】
ヘッドホンで聴くと、「HyperX QuadCast」は奥行きのある音で、高価なだけあってレベルが高いです。
しかしPCやスマホの内蔵スピーカーで聴くと、どれも大差はなく、値段の割に「FIFINE K669」は頑張っているなと思いました。

また、K669だけボリュームが高いので、集音性の高さが伝わると思います😌

気にならない程度のホワイトノイズ

ホワイトノイズについての感想は、下記の4点です。

  • ①若干のホワイトノイズはある
  • ②音楽を録音すると、ほぼ気にならない
  • ③集音性が高いため、ボリュームを下げると、ほぼ気にならない
  • ④Discordや編集ソフトのノイズ軽減をすれば、ほぼ無音化できる

上記の通りで、「若干のホワイトノイズはあるけれど、十分実用的に使える」といった感じです。

無音環境で録音したので、気になる人は、下記の3点を再生してみてください。
※完全無音ではないので、あしからず。

①FIFINE K669(約4,500円)

②HyperX QuadCast(約16,000円)

③MacBookPro16インチ(内蔵マイク)

【感想】
K669は入力感度が高いので、ボリュームを下げてみたところ、全く気にならないレベルになりました。単一指向性のため、ファンやエアコンの音は多少拾いづらいのもメリットです。

MacBookProだけがほぼ無音で、さすがApple製品だと思います😌

水平・垂直回転可能で使いやすい

IMG_6569
IMG_6570
IMG_6571
previous arrow
next arrow
IMG_6569
IMG_6570
IMG_6571
previous arrow
next arrow

マイクは180°の垂直回転、360°の水平回転ができるため、どこに置いても好みの角度をキープできます。

垂直回転の方法も、真ん中のツマミを緩めて、マイクを動かすだけ。
簡単に角度を調整できるうえに、緩んでずり下がることもありませんでした。

欠点を挙げると、広げて使う三脚マイクはスペースを取りますね。
狭い場所で使う場合は、アームスタンドを使ってもいいと思います。

金属製で重量感・安定感あり

FIFINE K669

K669は金属製のため、下記の3点のメリットがあります。

  • 本体、三脚スタンドが安定する
  • 重量があるため、共振を抑えられる
  • 高級感があって見栄えが良い

上記の通りで、マイクにとって金属の重さは非常に大切です。

外観に関して言えば、手前に金属製のダイヤル(ボリュームコントローラー)があるせいか、予想以上にブラックカラーがカッコいいです。

デザイン性を重視するならば「ピンク色」もあるので、お好みでどうぞ。

付加機能は最低限

音質や外観は価格以上に良いですが、付加機能は特にありません。

例えば、ミュートボタン、イヤホンジャック、自分の声を確認するマイクモニター機能がほしい人には、物足りなく感じるはずです。

とはいえ、マイクモニターはソフト側で可能ですし、手前のボリュームコントローラーを左に回すと、ミュート状態にすることはできますよ。

上記の通りで、K669はあくまでも「シンプルでコンパクトなマイク」です。

多機能マイクがほしい場合は、もうちょっと予算を上げる必要がありますね。

結論:コスパ重視ならばFIFINE K669はイチオシ

FIFINE K669

FIFINE K669は、5,000円以下のPCマイクの中では、最高レベルの音質と低ノイズを備えた製品です。

友達や視聴者にクリアな声を伝えられるうえに、ノイズやボリューム不足を気にせず、どこでも快適に使うことができますよ。

付加機能がない点を許容できれば、満足度はかなり高いハズ。
あなたがコスパを重視しているならば、ベストバイと断言できるマイクですね。

現在使っているPCマイクの音質が悪い、ホワイトノイズが気になる人は、K669を使えば解決できますよ。
2年間の長期保証もあるので、愛用してください😌

おまけ:合わせ買いしたい周辺機器2選

FIFINE K669

最後におまけとして、「予算があれば合わせ買いしたい周辺機器」を2つ紹介します。

必須ではないので、気になった人だけどうぞ。

①Roycel マイクアームスタンド

Amazonランキング1位のマイクスタンドです。

FIFINE K669の三脚スタンドは実用的ですが、「高さ調整ができない」「三脚を広げて使うため、デスクのスペースを取る」というデメリットがあります。

このマイクスタンドを使うと、自由な角度で空中に固定できるため、利便性がググッと向上しますよ。

机からの振動やノイズも軽減できるので、音質向上にも繋がって一石二鳥です。

本製品には、K669を取り付けるための「5/8→3/8変換アダプター」が付いてきます。
そのため、特にこだわりがなければ、1番人気のこちらを選びましょう😌

②GRANPRO ポップガード

Amazonランキング1位のポップガードです。

FIFINE K669には、吹かれ音やリップノイズを軽減する「ポップガード」がありません。

これを装着すると、息が入ったときの「ボフッ」という音を無くすことができますよ。

また、湿気や発声時の唾を防止する効果もあります。
必須ではないですが、マイクを長く使うためにも、使って損はないです。

では、今回はここまでです。
気に入ったマイクを使って、通話やYoutube収録を楽しんでください😌

Amazonランキング上位、2年保証付きのPCマイクです

よかったらシェアしてね!