【超快適】スイッチでBluetoothイヤホンを使える「MUSON MK3」をレビュー!

MUSON MK3

雑記ゲームブロガー!
ミニマル @minimal005)です。

スイッチユーザー
スイッチユーザー

ニンテンドースイッチでBluetoothイヤホンやヘッドセットを使いたいな。
できれば、遅延ゼロでゲームを遊べると嬉しい。

本記事では、こんな悩みを解決するBluetoothトランスミッター「MUSON MK3」をレビューしていきます。

今回レビューする製品はこちら

MUSON MK3は「充電機能あり」「超低遅延のaptX-LL対応」のため以前から欲しかった製品で、この度メーカーから提供してもらうことができました。

実際に2週間以上使ってみたので、使用感や良し悪しなどを本音でレビューしていきます!

本記事の内容

・MUSON MK3の概要

・MUSON MK3の開封レビュー

・MUSON MK3を2週間使ってみた感想

・MUSON MK3の総評

ミニマル
ミニマル

BluetoothトランスミッターはPS5やPCにも使えますよ。
汎用性が高いので、1台持っていて損はありません。

MUSON MK3の概要

MUSON MK3

まず最初に、「MUSON MK3の概要は以下の通りです。

Amazon価格約2,500円
Bluetoothのバージョン5.0
BluetoothのコーデックSBC、aptX、aptX-LL
伝送距離10m以上
同時接続台数2台
重量30g
接続端子USB Type-C(USB-A変換アダプタ付き)
追加機能・パススルー充電機能
・マイクコンポーネントでボイスチャット可能
その他特徴ドライバー、充電不要
保証・30日間の返品・返金保証(無条件)
・12ヶ月の修理・交換保証

簡単な製品紹介

最大の注目ポイントは「パススルー充電機能」ですね。

Bluetoothトランスミッター利用時はニンテンドースイッチのバッテリーを多く消費するので、類似品よりも優先して選ぶ価値があります。

次に「ワイヤレス接続は快適だけど、ゲームでは遅延時間が心配…」と思う人は多いハズ、、、。

MUSON MK3は超低遅延のBluetoothコーデック「aptX-LL」に対応しています。

aptX-LLの遅延時間は人間が知覚できない0.04秒未満なので、有線イヤホンと同じ感覚で使えますよ。

あとはドライバー・充電要らずで簡単に使える点や、USB-A端子に接続できる点も優秀です。

2,500円という低価格ながら12ヶ月間の長期保証も付いているので、仕様上はほぼ完璧と言っていいですね。

ミニマル
ミニマル

シンプルな機能だけに不満点は特にないです。
お使いのイヤホンやヘッドセットがaptX-LLに対応しているかだけ確認しておきましょう。

MUSON MK3の開封レビュー

本体箱を開封

MUSON MK3

本体箱はこんな感じ。
サイズは「7cm×7cm」のため超コンパクトです。

MUSON MK3

同梱物は以下の通りです。

MUSON MK3の同梱物一覧
  • MUSON MK3本体
  • USB-A to USB Type-C変換ケーブル
  • 3.5mmマイクコンポーネント
  • 接続ポート保護キャップ
  • 日本語説明書

低価格帯の製品ながら「USB-A変換ケーブル」が付いているのは嬉しいですね。
PS5の背面端子やニンテンドースイッチのドック側にも接続することができます。

あとは「マイクコンポーネント」もあるので、ボイスチャット対応ゲームではワイヤレス通話が楽しめますよ。

本体をチェック

外観はニンテンドースイッチの「ネオンブルー/ネオンレッド」カラーに合うデザインです。

側面にパススルー充電用のUSB Type-C端子があるため、類似品よりは厚みがあります。
とはいえ、コンパクトで気にならない程度ですけどね。

本体上面のUSB Type-C端子には「接続ポート保護キャップ」が付いています。

携帯モードで使うことを想定しているので、持ち運びに適した仕様なのは嬉しいです。

ミニマル
ミニマル

高級感こそありませんが、見た目は可愛くて良い感じです。

ペアリング方法

MUSON MK3

実際にニンテンドースイッチに接続して、ペアリングしてみました。

接続方法は超簡単で、前面のボタンをポチッと押して、LEDライトで状態を確認するだけ。
具体的には以下の通りです。

MUSON MK3のペアリング方法
  • USB Type-C接続すると、ステータスインジケータが60秒間の赤青点滅を開始(ペアリングモード)
  • Bluetooth機器の接続に成功すると、赤or青で点灯
  • 2秒長押しで接続解除、再びペアリングモードに突入(ペアリング解除)

ペアリング後は、接続されたBluetoothコーデックによって状態が分かりますよ。

コーデックごとのLEDライトの変化

SBC:青LEDがゆっくり点滅

aptX:赤LEDがゆっくり点滅

aptX-LL:赤LEDが常時点灯

ミニマル
ミニマル

利用中のコーデックが分かるのは助かります。
シンプルながら多機能な製品ですね。

MUSON MK3を2週間使ってみた感想

遅延を感じずに遊べる

物は試しということで、ニンテンドースイッチだけでなく、USB-A変換ケーブルを使ってPS4でゲームを遊んでみました。

実際の手順は以下の通りです。

USB-A変換ケーブルを接続する
MUSON MK3
PS4のUSB-A端子に接続する
MUSON MK3とPS4
ソニーのヘッドホン「WH-1000XM4」とペアリング
WH-1000XM4
PS4のゲーム「ニーア・レプリカント」をプレイ
ニーア・レプリカント

ソニーのヘッドホン「WH-1000XM4」はaptX接続のため遅延を感じるはず…。
と思っていましたが、アクションゲームでも全く問題なく遊ぶことができました!

そもそも、aptXの遅延時間は「0.07秒±0.01秒」と十分に短いんですよね。
私を含めて、9割以上のゲーマーは気にならないと思います。

USB Type-C端子に直接接続できるニンテンドースイッチでも試したところ、もちろん遅延を感じずに快適に遊べましたよ。

ミニマル
ミニマル

FPSや音ゲーを真剣に遊ぶとき以外は問題なさそうです!
ただしSBCの遅延時間は0.22秒±0.05秒と長いので、最低でもaptX対応製品を使いたいですね。

パススルー充電機能は必須

MUSON MK3

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンで快適に遊べると、ついつい長時間プレイしてしまいますw

私はスイッチを充電し忘れる時も多々あるので、パススルー充電機能は必須レベルに感じました。
便利というよりは、ないと困る機能ですね。

この点はコンパクトさとトレードオフになりますが、機能性に特化した本製品の方がおすすめです。

ミニマル
ミニマル

PD充電に対応しているので、充電時間が遅くなることもないですよ。

有線接続に戻れないほど快適

MUSON MK3は「充電不要+面倒な設定不要+パススルー充電機能付き」という快適仕様なこともあり、ヘッドホンを有線接続で使うことがなくなりました。

遅延時間も気にならないので、無線接続のデメリットがないんですよね。
正直、スイッチの付属品にしてほしいくらい快適ですw

あとは、1年間の長期保証中も嬉しいですね。
気楽に使えるので、外出先でも頻繁に利用していきたいです。

MUSON MK3の総評

MUSON MK3

MUSON MK3は以下の3点により、非常に満足度が高い製品でした!

MUSON MK3のイチオシポイント
  • パススルー充電機能が便利
  • aptX-LLで遅延はほぼゼロ
  • 充電、ドライバー、設定が不要
ミニマル
ミニマル

途切れや音飛びなどの不具合もないので、レビュー的には物足りない気もしますw
でも、製品的には満点ですね。

価格に関しても不満はなく、約2,500円とお手頃です。
しかも30日間は無条件で返品できるので、とりあえず使ってみるのもありだと思いますよ。

Bluetoothトランスミッターはシンプル機能なだけに、Amazonランキング上位の本製品を選べば間違いありません!

それでは、最後まで読んでくれてありがとうございました。
楽しいゲームライフをお過ごしください。

現在セール価格なので、お早めにどうぞ