NekoMiko(ねこみこ)のレビュー・感想!ケモ耳少女が可愛すぎる!

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

はいどうも、ミニマル @minimal005)です。

ケモ耳の巫女と恋愛する「NekoMiko(ねこみこ)」を丁寧にレビューしていきます!

私がプレイしたのはSteam版、プレイ状況は全エンド到達済みです。

スイッチ版との違いは「R-18パッチ」の有無、一部CGの若干規制です。目の保養になるお風呂シーンのCGを載せるので、泡の量に注目して見て下さい。

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
少し規制のあるスイッチ版
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
規制の緩いスチーム版

おわかりいただけただろうか…

この程度の規制で許すスイッチ版は最高過ぎるのでは…PS4なら謎の光が入っていたことでしょう。

基本的な内容は同じ、CGの規制も緩いので、細かく気にしない人はスイッチ版で大丈夫です。それに寝転がって遊べるスイッチはギャルゲとの相性が最高ですよね。

前置きが長くなりましたが、良さげなCGを出したところでレビューに入っていきます!ネタバレありなので、以下の内容がOKな人のみ続きをどうぞ。

【プレイ状況】
・完全クリア(4時間)
・全エンディング到達済み

【ネタバレ情報】
・大まかなシナリオ
・各エンディング
・女の子の一部CG

NekoMikoのゲーム内容

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
ジャンルアドベンチャー・実用
CERO17才以上対象
発売元qureate
価格Steam版:1000円(税込)
スイッチ版:1000円(税込み)
発売日Steam版:2019年1月25日
スイッチ版:2019年12月5日

最初に

開発メーカーのqureateは、ニンテンドースイッチで「プリズンプリンセス」「NinNinDays(ニンニンデイズ)」を販売している会社。

両方とも値段以上に楽しませてくれるマジで良いゲームでした!完全クリアしてレビューをしたので、気になる人はどうぞ。

あとSteam版のみの販売ですが、同メーカーの新作「とらぶるでいず」も合わせて貼っておきます。

プリズンプリンセスのゲーム画面 プリズンプリンセスの感想!スイッチで遊べる紳士向け脱出ゲーム! NinNinDaysのゲーム画面 NinNinDays(ニンニンデイズ)のクリア後レビュー・感想。女忍者との共同生活! とらぶるでいずの感想・レビュー。見習いサキュバスと過ごす刺激的な日常!

本作のシナリオは全4章構成で1章ごとに1つの選択肢があります。エンディングは個別ルートが2つ、バッドエンド、ハーレムエンドの4つです。

選択肢はどちらのキャラを選ぶかって感じなので、簡単に全エンディングまで到達できます。攻略サイトを見る必要もないですね。

後から発売された「NinNinDays」も同様ですが、ジャンルは「アドベンチャー・実用」。実用らしいです…

1000円でエンディングが4つもあるとお得に感じる。

主人公のステータス

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

主人公は就活中で、ギャルゲには珍しい彼女持ち設定。

何十社受けても書類選考でほとんど落とされたり、面接官と気が合い自信があった会社からお祈りメールが届いたり、だいぶ苦戦中って感じです。

傷ついた心を癒して貰うために優しく真面目な彼女の家に行くと、将来が不安だからと言う理由で別れ話を切り出されます…

これからケモ耳美少女と出会うと考えると、別れて大正解なのでは…

NekoMikoのシナリオをざっくり紹介

序章:神社で二人に清めてもらう

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

主人公は彼女と別れた帰り道に、ビルの間にひっそりと佇む鳥居を発見。最近異様に運がなく、直前に厄払いでもしようと考えていたことに運命を感じて、好奇心から鳥居を潜ってみることに。

細い参道を進んでみると、そこには手入れがされていないボロボロの大きな神社がありました。

汚い神社とはいえ、穴の空いた賽銭箱が用意されているので5円玉を入れて拝んでみます。すると、近くから二人の女の子の声が聞こえてきました。

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

左の金髪ショートの少女が「あやめ」、右の黒髪ロングの巨乳少女が「かえで」。

二人の女の子と話していると、どうやら主人公には「濃くてドロドロした臭い」がついているとのこと…かえでが翻訳すると多くの厄がついているらしいです。

セリフに悪意がある。

自称二人は巫女さんで、厄を払う以外にもあやめは「人を招く能力」、かえでは「福を招く能力」を持っていると説明されます。

最初はごっこ遊びをしていると思っている主人公ですが、能力を見せられたことで多少は信用することに。

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

あやめの腰が露出しているのが尊い…

お金を入れてくれたことに感謝して二人が厄を払ってくれるシーン。しかし主人公には予想以上に多くの厄が付いているらしく、厄払いは中途半端な結果に終わってしまいます。

それでも多少は肩が軽くなったので、礼を言って帰ろうとする主人公。しかし二人はこのまま帰すと福を呼ぶ巫女の名に傷がつくと言い「一緒に住んで厄払いをするべき」と交渉します。これなんてエロゲ。

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

ここで初の選択肢。もちろん「断る理由が無い」一択。断るとどうなるのかは謎です。

上の選択肢を選ぶと主人公はあやめとかえでを連れて帰宅。そして、ケモ耳少女2人との共同生活が始まります。

ロープライスだけあってシナリオのテンポが良いです。

エロゲ展開過ぎる!

中章:ケモ耳少女との共同生活

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

はい、主人公が寝て起きたらいきなりこれ。下着姿の二人が横で寝ています。序盤からいきなりぶっ込んでくるゲーム…

厄払いのための共同生活と言っても、一緒にいる意外に条件はなさそう。そのため神社の掃除をしたり、秋葉原の街を歩き回ったり、ショッピングをしたり、3人の日常シーンが楽しめます。

同メーカーの「NinNinDays(ニンニンデイズ)」では敵が現れる波乱万丈な展開もありましたが、本作はほのぼのまったりしてました。

「To LOVEる」のリトさん並のラッキースケベシーンがあるので、気になる人はぜひプレイしてどうぞ。気に入ったエピソードだけ一部ダイジェストで紹介します。

秋葉原にお出かけ中におまいら登場

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

二人はお出かけをしてみたいらしく、オタク文化で栄えている観光地「秋葉原」に向かいます。

巫女服のまま秋葉原の中央通りを歩いていると、カメコ(おまいら)が登場。突然写真撮影を開始されることに。

おまいら1「おにゃのこがおるぅ…ふぁーっ!可愛いよぉ、くぅ〜!」

今時絶対いないオタクがここに…なんとか逃げ切りますが、かえでには遠回しに主人公と同類だと言われます。悲しすぎる…

オタクは意外と度胸がある。

中華屋でバイト中におまいら登場

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

体調が悪く倒れてしまった主人公の代わりにアルバイトを手伝う二人。ちなみにこのシーンでは選択肢によってあやめとかえで、どちらかのCGが見れます。

おまいら2「元気っ子の健康的なパンツ…なんて尊い存在だよ…」

さすがにこのチャイナ服短すぎだろ。常にパンツ見えてるし、これ絶対ノーブラ…ツッコミどころが多過ぎるCGです。

大体このゲームが分かってきたのでは…

終章:厄払い完了

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

ある日のこと。見知らぬ電話番号からの着信があり、出てみるとだいぶ前に受けた企業からの合格通知と判明。さらに元カノからは謝罪と共に「やり直したい」と復縁を希望するメールが届きます。

一緒に過ごしたことで無事厄が晴れて、一気に幸せが舞い込む主人公。しかしこれで二人は役目を終えたため、家に住む理由がなくなり落ち込みます。

そして主人公は、元カノに会うため外出することに。二人は動揺を隠しつつ見送ります。

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

ここからは、今までの選択肢であやめを選んだ回数が多ければあやめエンド、かえでを選んだ回数が多ければかえでエンド、同じ回数ならハーレムエンド、告白を先延ばしにしているとバッドエンドです。

バッドエンド

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

主人公は元カノと会い復縁が決定。用事を終えて帰ろうとすると、彼女は寂しそうにもうちょっと一緒にいたいと頬を染めながら腕を掴みます。

あやめとかえでが心配なのでそれを断り、彼女を軽く抱きしめてから帰路に着くことに。しかし家に帰るとそこには二人の姿はなく、代わりに二つの便箋が置いてありました。内容は、今までのお礼と役目を終えたので立ち去るということです。

それから主人公は二人が寂しくないように神社に通い続けることに。二人の大好物を置き、お賽銭を入れて、誰の気配もしない神社を後にします…

最初はバッドエンドというよりは彼女エンドかな?と思ったけど、神社に通い続ける主人公の様子がすごく悲しい。最初に会った時のシチュエーションを再現して再会を期待しているのが辛い…

就職決定、彼女と復縁したので一応ハッピーエンドかな。

あやめエンド

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

主人公は元カノとは会わないことを決めて、断りのメールを送り、家に向かいます。帰宅すると役目を終えたかえでの姿はなく、あやめは一緒にいたいからと家に残っていました。

「ずっと一緒にいてくれか…?」との問いを笑顔で了承するあやめ。二人はキスをしてエンディングを迎えます。

ハッピーエンドだけど、かえでは一人になってるんですよね。かえでを放っておくことはないと思うので、これからは2人が神社に通ってサポートすることになるのかな?

あやめと結ばれたのでOKですね!

かえでエンド

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

こちらもほとんど同じ展開。彼女とは会わず、家に残っているのがかえでになっています。二人は幸せなキスをしてエンディングを迎えます。

私はかえでの選択肢を選んでいたので、最初に見たエンディングがこれでしたね。やっぱり巨乳の破壊力はすごい…

黒髪ロングが結局最強ですよね。

ハーレムエンド

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

これも個別ルート同様の展開。好感度を平等に振ったおかげで、自宅に戻ると二人とも残っていました。主人公が両方幸せにすると決意して、二人を抱きしめてエンディングを迎えます。

私はハッピーエンド至上主義なので、ハーレムエンドがあるのは超嬉しいです。CG見ると、完全にエロゲ主人公の姿ですね。あいつら絶対に髪で顔が隠れてる。

でもボロボロの神社はどうするんだろうという疑問。一応個別ルートで片方が帰ったのは、神社を守るためじゃないのか…

細かいこと気にするゲームじゃないのでヨシ!

NekoMikoの良いところ

フェチ要素が強い

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

このメーカーが作った他のゲームよりもだいぶ内容がエロゲっぽいです。賛否が分かれるかもしれませんが、こういうゲームを期待している人が遊ぶゲームですよね。私的にはありです!

シナリオは割とニッチなところを攻めていて、例えば「NinNinDays」だとヒロインが着るのはメイド服ですが、本作ではチャイナ服。後は主人公についたアイスを舐めるシーンや胸チラを強調するシーンがあります。

1000円のエロゲと考えるとこのゲームは破格すぎるのでは…スイッチ版も規制が緩くて素晴らしいです。

ケモ耳の時点で攻めてる、いや逆に無難かも?

ぶっちゃけエロい

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

R-18パッチを当てていないのにエロいです。特にお風呂シーンが攻めてるんですけど、スイッチ版ではさすがに改変されてそう…

スイッチ版にあるかは分からないので、見たい人だけどうぞ。

どんな展開?

神社の掃除後、主人公は二人が汗臭かったのでお風呂に入るよう勧めます。しかしお風呂が嫌いで入りたくない様子。

二人は断るだろうと一緒に入ることを条件に許可しますが、主人公は仕方なく了承することに。一緒に入浴して二人の体を洗います。

そして体を洗ってくれたお礼に、あやめとかえでは主人公の体も洗ってあげることに…

ではゲーム画面をどうぞ!

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

スイッチ版では削除されてそう…

NekoMikoの微妙なところ

ケモ耳要素が特にない

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

このゲームのタイトルは「NekoMiko(ねこみこ)」。しかしシナリオにはネコ要素がほぼ皆無です…

強いて言うなら秋葉原を歩いている時に「巫女姿+ケモ耳」で注目を集めるところと、お風呂を嫌がるのがネコっぽいところですかね。例えばお風呂シーンで主人公がネコ耳を洗って、二人がくすぐったいと思うくらいあってもいいのでは…

厄払いやアルバイトを手伝うシーンで巫女要素は発揮されていますが、ネコ要素はケモ耳ビジュアルだけでした。タイトルから内容を期待して購入する人は残念に思うかもしれません。

ケモナー歓喜の内容ではない。

誤字が多め

テキストを読んでいて若干誤字が多かったです。私はギャルゲに熱中する方なので、誤字が多いと没入感が失われてちょっと嫌かな。

約4時間のボリュームのゲームなら誤字は無くしてほしかったですね。

でもこのゲームを遊んだのが少し前なので、アップデートやスイッチ版では解消されていると思います。

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
「熱く」→「暑く」
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
「息切りを」→「息を」
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
「そんない」→「そんなに」
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
「1皆」→「1階」

CGが欲しいシーンあり

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

これは超個人的なことで99%の人はどうでもいいと思うはず…自由に感想書けるのがブログの良いところなのであえて書きますね。

このシーンではテキストで胸チラがあると示しているんですが、CGがない。すごくCGがありそうな雰囲気を出しているんですよ!

不満ではなく要望。CGで見たかった!

NekoMikoの総評

ゲームの評価
トータル評価
(4.0)
シナリオ
(3.0)
キャラクター
(3.5)
システム
(4.0)
CG
(5.0)
音楽
(3.0)
声優
(3.0)
演出
(3.5)
ボリューム
(3.0)
NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

1000円の価格を考えるとめっちゃ良心的なゲームでした。シナリオはテンプレ展開って感じですが、ほのぼの日常シーンを楽しむゲームとしては良いですね。

選択肢によってどっちにアルバイトを代わってもらうか選べたり、デートをするか選べたり、それによって見れるCGも変わるところは丁寧に作っているなと感じます。

スイッチ版のCGの枚数は差分抜きで19枚、Steam版はR-18パッチを当てると26枚です。価格が同じなのを考慮するとSteam版のお得感がすごい、良質な1000円のエロゲ。

NekoMiko(ねこみこ)のゲーム画面

あと書き忘れていましたが、E-moteシステムを採用しているので↑の写真のような立ち絵はぬるぬる動きます。めっちゃ自然なわけではないけどちょい嬉しい。

エロゲっぽい内容なので、PCがある人はSteam版がおすすめ。エロシーンは要らないって人は、遊びやすいスイッチ版がおすすめです。

それでは、良いゲームライフを!

created by Rinker
コーエーテクモゲームス

ミニマルおすすめの関連記事5選!

蒼の彼方のフォーリズムのゲーム画面 スイッチで遊べるギャルゲーおすすめ6選!可愛い女の子と恋愛しよう! To the Moonのゲーム画面 To the Moonスイッチ版のクリア後レビュー。老人の記憶を辿る泣きゲー! ICEYのタイトル画面 【スイッチ】インディーズのおすすめゲーム30選。安く買える名作! ウィッチャーの主人公が剣を持っている スイッチのおすすめソフト12選!大人のゲーム特集! 女の子 【PS4】美少女が可愛いゲーム11選。ノベルゲーム以外に厳選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。