【Amazon Music Unlimited】月額780円〜の最強ストリーミングサービス!※30日間無料キャンペーン中

【PCゲーム】録画ソフトおすすめ6選【実況用にも最適】

雑記ゲームブロガー!
ミニマル @minimal005)です。

ゲーム実況者
ゲーム実況者

PCでゲーム画面を録画したい。
おすすめの録画ソフトを教えて!

今回はこの疑問に答えます。

本記事の内容

・PCゲームに最適な録画ソフトの選び方

・PCゲームに最適な録画ソフト6選

前置き

まず最初に、PCでゲームを録画するために、特別な周辺機器を購入する必要はありません。

デスクトップ画面やウインドウを録画する「キャプチャーソフト」をPCにインストールすればOK。

シンプルな画面録画だけならば、Windows標準の「Game DVR」、Mac OS標準の「QuickTime Player」で可能です。

次にサードパーティ製のソフトを選ぶにあたって、「有料版を買ったほうが良い?高いの?」と思う人は多いはず。

ゲームを録画する際は「録画可能な時間」「出力する動画形式」「高解像度&高フレームレート録画」などが重要なので、有料版を購入する人が多いですね。

とはいえ、キャプチャーソフトは比較的安価です。

多機能な有料版でも5,000円以下で購入できるので、特別フリーソフトにこだわる必要もないと思います。

MEMO
キャプチャーソフトは選択肢が少ないうえに、選び方もかなり簡単です。自分にあったソフトを早めに決めて、メインの作業に移りましょう。

PCゲームに最適な録画ソフトの選び方

デスクトップパソコンでエンコード中

キャプチャーソフトを紹介する前に、「選び方」に関わる下記の3点を1分間だけ解説します。

キャプチャーソフトの選び方
  • 有料ソフトと無料ソフトの違い
  • 録画可能な範囲について
  • ソフトの軽さ

有料ソフトor無料ソフト

キャプチャーソフトは、下記の3種類に分かれています。

ソフトウェアのライセンス形態
  • 完全無料のフリーソフト
  • 無料だけど、機能制限があるシェアウェア(有料版を購入すると制限解除)
  • 有料のシェアウェア

機能制限の内容には、「最大録画時間が10分間まで」「録画した動画に薄いロゴが入る」などがありますね。

上記のような制限状態では非常に使いづらいです。
そのため、実質「体験版」のようなイメージだと思ってください。

もし気に入ったら有料の製品版を購入して、気に入らなかったらフリーソフトに切り替えましょう。

録画できる範囲

キャプチャーソフトによっては、録画できる範囲が異なります。

例えば、「アクティブウインドウを録画」「デスクトップ全体を録画」「指定した範囲内を録画」などです。

PCのゲームをフルスクリーンで録画したい人も多いと思いますが、その場合は「DirectX/OpenGL対応のキャプチャーソフト」を選ぶ必要があります。

DirectX/OpenGL対応のキャプチャーソフトのメリット
  • DirectX/OpenGLに対応しているPCゲームを自動検出
  • DirectX/OpenGLに対応しているPCゲームのフルスクリーン録画が可能

フルスクリーンでゲーム実況をしたい人には必須の機能です。
ソフト選びの際には、対応しているかを確認しましょう。

あとブラウザゲームを録画したい人は、「指定した範囲内を録画」できるキャプチャーボードを選べばOKです。

ソフトの軽さ

悩み人
悩み人

PCのスペックは高いのに、キャプチャーソフトを使うと一気に重くなって困る…。

こう思う人がいるかもしれません。

原因の1つとして考えられるのが、「ハードウェアエンコード」ハードウェアアクセラレーションに非対応のキャプチャーソフトを使っている場合です。

ハードウェアエンコードとは、CPUとGPU(グラフィックボード)の両方を使ってエンコードを行うことです。

GPUの支援が受けられるため、CPUの不可を減らせるメリットがあります。

逆にCPUだけで処理を行う場合は「ソフトウェアエンコード」。

CPUの性能が高い人はこちらでも大丈夫です。

性能が高いGPUを使っている人、少しでも動作を軽くしたい人は、ハードウェアエンコード対応のキャプチャーソフトを選びましょう。

PCゲームに最適な録画ソフト6選

Bandicam(バンディカム)

Bandicam(バンディカム)
Bandicam(バンディカム)
設定画面
対応OSWindows XP(SP3), Vista, 7/8/10
価格1-PCライセンス:4,400円
2-PCライセンス:6,600円
ライセンス追加:3,080円
無料版の制約最大録画時間は10分間まで、映像にロゴが入る
おすすめポイント・性能、機能は最強
・シンプルで初心者でも使いやすい
・利用者が多い安心感

Bandicamはキャプチャーソフトの中でも最も人気の高い製品。

多くのYoutuberやゲーム実況者が愛用しており、これを使って困ることはまずありません。

Bandicamの特徴
  • ハードウェアエンコーダー対応で軽量
  • 4K (Ultra HD) 解像度(3840×2160)、144fpsまで対応
  • フレームレートや画質を変更可能
  • マイク音を入れた録画も可能
  • 映像はMP4とAVI、音声はWAVで保存可能
3つの録画モード
  • 指定範囲を自由に録画できる「画面録画モード」
  • DirectX/OpenGL対応の「ゲーム録画モード」
  • Webカメラやキャプチャーボードを録画する「デバイス録画モード」

上記のように多機能と軽量さを両立しているのが特徴。
シンプルながら高機能のキャプチャーソフトは意外と少ないです。

あとキャプチャーボードの映像を直接録画できる「デバイス録画モード」もかなり便利。
家庭用ゲーム機のソフトを録画・配信したい人は重宝しますよ。

Bandicam(バンディカム)
Bandicamの製品版の価格

ほぼ完璧な仕様と言えますが、唯一の欠点は有料ソフトなことですね。
買い切り型で、価格は「PC1台:4,400円」「PC2台:6,600円」となっています。

「最大録画時間は10分間まで」「映像にロゴが入る」という制限が付いた無料版もあるので、試しに使ってみるのもありです。

「とりあえずバンディカムを使えばOK」と言い切れるので、無料版だけでも使ってみることを強くおすすめします。

» Bandicamのダウンロードページはこちら

GOM Cam(ゴムカム)

GOM Cam(ゴムカム)
GOM Cam(ゴムカム)
対応OSWindows 7/8/8.1/10
価格Basic:2,700円
Basic→Pro:1,000円
Pro:3,700円
Pro(30日分):400円
無料版の制約最大録画時間は20分間まで、ロゴ入り
おすすめポイント・ドロー機能搭載
・オーディオだけを抽出可能
・クロマキー機能

GOM Camは、2016年にリリースされた比較的新しいキャプチャーソフト。

Windowsの定番メディアプレーヤー「GOM Player」の姉妹ソフトです。

GOM Camの特徴
  • 初心者でも使いやすいUI
  • キャプチャーした映像がサムネイル/リスト形式になって見やすい
  • デスクトップとWebカメラの同時録画が可能
  • YouTube、Google Drive、Facebookへのアップロード機能
  • Bandicamよりも少し安い
  • 無料版でも20分間の録画が可能

機能面の特徴は、撮影中に「ドロー機能」をリアルタイムで行えること。

編集ソフトを使わずに、お絵かき、コメント、図形入れなどが可能です。
実況動画や解説動画を制作したい人に向いていますね。

他にも、録画・編集・アップロードまで1台でこなせる万能さも魅力。
新しいソフトのため、UIも非常に使いやすいです。

GOM Camは、フルで機能が使えるPro版の他に、使える機能に回数制限が付いたBasic版も用意されています。

Basic版を買ってPro版にアップグレードするのと、直接Pro版を買うのは同じ料金です。

そのため、まずは買いやすいBasic版から試すのもありです。

GOM Cam(ゴムカム)
3種類のプラン

Bandicamとどっちがいい?

GOM CamはBandicamと比較されることが多いです。

ざっくりとしたイメージですが、「Bandicamよりも機能は少し劣るけど、コスパは優秀」という立ち位置だと思ってください。

理由は単純に価格が安いことと、ライセンス形態の違いです。

Bandicamのライセンスは、1台のPCに紐付けられます。
そのため、PCを買い替えた場合はライセンスを再購入する必要があります。

GOM Camのライセンスは、1台のPCに紐付けた後に解除・再発行が可能です。

そのため、PCを買い替えた場合でも永続的に利用できます。

※もちろん2台同時利用はNG

上記の内容から、PCを買い換える予定がある人、少しでも安く済ませたい人は、GOM Camを選ぶとお得度が高いですよ。

» GOM Camのダウンロードページはこちら

ロイロゲームレコーダー

ロイロゲームレコーダー
ロイロゲームレコーダー
対応OSWindows7、Windows8(32bit/64bit)
価格完全無料
おすすめポイント・機能制限無しに無料で使える
・シンプル&軽量で使いやすい
・DirectXに対応

ロイロゲームレコーダーは、「LoiLo」社が提供しているゲーム録画専用のキャプチャーソフトです。

少し古いソフトのためWindows10に公式対応していませんが、問題なく安定して動作します。

ロイロ ゲーム レコーダーの特徴
  • 完全無料
  • 録画時間やロゴ入りなどの制限無し
  • ゲームを選んで録画ボタンを押すだけの超シンプルさ
  • 動画のフォーマットは画質とファイルサイズのバランスがいいMotion-JPEG
  • 付加機能は乏しい
  • ハードウェアエンコードには非対応

最大のメリットは完全無料で実用的に利用できる点ですね。

時間無制限で1080P/60fps録画ができるうえに、録画する解像度やフレームレートの変更も可能です。

フリーソフトとしては非常に優秀。
通常用途でPCゲームを録画する分には、必要十分な機能を備えています。


注意点として、「DirectX/OpenGLに対応したゲーム」「ウィンドウの録画」には対応していますが、「指定した範囲内の録画」には非対応です。

そのためデスクトップ全体を録画することはできません。
また出力形式がAVI限定になるので、動画ファイルは重くなりがちです。

上記のように付加機能を求めると不満は出ますが、無料でゲームを録画したい人にはおすすめできるキャプチャーソフトです。

» ロイロゲームレコーダーのダウンロードページはこちら

MEMO
本ソフトのインストール時には動画編集ソフト「LoiLoScope2」の体験版も合わせてインストールされます。この宣伝効果が無料提供できる理由ですね。もちろん即アンインストールすればOKです。

ShadowPlay

ShadowPlay
ShadowPlay
対応OSWindows7/8/10
価格完全無料
おすすめポイント・キャプチャーソフトの中では最軽量
・最大8K HDRまで録画可能
・重要なシーンを取り逃がさないインスタントリプレイ機能

ShadowPlayは、NVIDIAが提供している「GeForce Experience」というソフトの録画機能です。

本ソフトは録画時に、GPUに搭載されている「NVENC」と言うハードウェアエンコーダを利用するのが特徴。

このおかげで、下記のような高機能・超軽量さを実現しています。

ShadowPlayの特徴
  • 完全無料で広告無し
  • PCへの負荷が圧倒的に少ない
  • 動画ファイルを自動圧縮可能
  • ゲーム画面とウインドウ録画が可能
  • 最高で「8K HDR/ 30 fps」or「4K HDR / 60 fps」を録画可能
  • 最大20分間までさかのぼって録画できる「インスタントリプレイ機能」

どのくらい軽量かと言うと、「フルHD(1920×1080)/60fps」の録画ならば、CPU使用率は5%未満まで抑えられます。

そのため、フレームレートが重要なFPSや格闘ゲームの録画には最適。
現状で最軽量のキャプチャーソフトです。

ただし利用するには、「GeForce GTX 650」以降のGPUを搭載している必要があります。

オンボードやRadeon製のGPUでは利用できません。

完全無料、高機能、広告無しのため、対応するGPUを使っている人は積極的に利用しましょう。

» ShadowPlayの紹介ページはこちら(公式サイト)

OBS Studio

OBS Studio
OBS Studio
対応OSWindows 8/8.1/10、macOS 10.13 以降、Linux
価格完全無料
おすすめポイント・配信ソフトを兼ねている
・画面キャプチャも可能
・細かい設定も可能

OBS Studioは、主にライブ配信に利用されるソフトです。
キャプチャーソフトではありませんが、無料で画面を録画することができます。

配信ソフトだけあって細かい設定ができるのが特徴。

ハードウェアエンコードにも対応しているため、設定次第では軽量で動かすことが可能です。

【録画方法】

1.「ソース」の「+」から「ゲームキャプチャー」を選択して、OBS Studioに画面を映す。

2.画面を右クリックして「変換」「画面を合わせる」を選択して、画面サイズの調整。

3.最後に「録画開始」ボタンを押せばOK。

あくまで録画可能な配信ソフトなので、上記のように操作は若干複雑。
初心者にはハードルが高いのが欠点ですね。

メインのキャプチャーソフトにするには微妙ですが、無料で完全に録画できる手段の1つです。

» OBS Studioのダウンロードページはこちら

Game DVR

Game DVR
Game DVR
対応OSWindows10
価格完全無料
おすすめポイント・マイクロソフト純正
・最大4時間まで録画可能
・別途アプリをインストールする必要なし

Game DVRは、Windows10に標準搭載されている「Xboxアプリ」を利用した録画機能です。

PCのビデオカードが「Intel Quick Sync H.264」「NVidia NVENC」「AMD VCE」のいずれかのエンコーダーに対応していることが利用条件ですが、最新のCPUならば大抵は対応しています。

使い方は超簡単。

「Windowsキー+Gキー」を押すとゲームバーが開くので、赤い丸印のアイコンを押すと録画を開始します。

歯車アイコンを押すと「録画設定」ができますよ。

また「Game DVR」という名前ですが、ゲーム以外にもウインドウを録画することができます。

ハードウェアエンコードにも対応していますし、「Amazon Primeビデオ」の動画を直接録画することも可能です。
※通常の録画ソフトでは、著作権保護のため真っ暗になります。

ただしあくまで簡易的な録画機能なので、細かい設定はできません。
制限は下記の通りです。

Game DVRの仕様
  • デスクトップ全体の録画、指定した範囲内の録画には非対応
  • 録画時間は最大4時間まで
  • 動画形式はMP4で固定
  • フレームレートは60fpsまで
  • 映像コーデックはH.264で固定
  • ディスプレイがOFFになると録画も停止

Windowsは完全無料のキャプチャーソフト「ロイロゲームレコーダー」が便利なので、Game DVRを使うメリットは少ないかもしれませんね。

サードパーティ製のソフトをインストールしたくない人におすすめです。
即利用できるので、試しに触ってみるのもありですよ。

最後に:迷ったらこの録画ソフトがおすすめ

モニタとスマホとキーボードとスピーカー
悩み人
悩み人

結局どのソフトにするか迷う。
色々試すのも大変だし、誰か1つに絞って!

こう思っている人もいるかもしれません。

もしまだ迷っている人は、「Bandicamの製品版」を使うことをおすすめします。

理由は高機能でシンプルなうえに、利用者数が圧倒的に多いからです。
初期投資として考えると、買い切り4,400円も高くありません。

あと、迷った末にBandicamに行き着く人も多いです。
早めに購入して悩む時間を減らす方が、コスパは良いと思いますよ。

» Bandicamのダウンロードページはこちら
(録画時間10分間までの無料版あり)



それでは、最後まで読んでくれてありがとうございました。
良いゲームライフをお過ごしください!

ミニマル
ミニマル

良ければTwitterのフォローもしてもらえると嬉しいです。
本日もお疲れ様です!

ミニマルおすすめの関連記事5選!

【ゲーム実況】おすすめの動画編集ソフト7選【初心者は無料版でもOK】 実用的なゲーミングメガネおすすめ6選!【eスポーツに最適です】 【ゲームを遊んで目が痛い人へ】疲れ目の原因と対処方法を8つ紹介! 【効果あり】ゲーム実況者のための防音対策11選【遮音と吸音が大切】 ゲーム実況に最適なキャプチャーボードおすすめ12選【選び方も解説】