【PS4 型番】今から本体を買うならこの2択です【購入前に必見】

こんにちは、ミニマルです。
平素よりお世話になっております。

PS4が欲しいけど、どの型番を選べばいいんだろう?
誰か詳しい人に、選び方やおすすめの本体を聞きたいな。

早速、こんな疑問に答えますね。

本記事の内容

  • PS4 型番:今から本体を買うならこの2択です
  • その他:PS4本体の型番7選
  • まとめ:PS4本体はこの型番を選べばOK

本記事の信頼性

私が所有しているPS4は4台目。
初期モデル、薄型モデル、PS4Pro、新PS4Proと乗り換えてきました。
SSDへの換装経験もあるので、そこそこ詳しいです😌

PS4 型番:今から本体を買うならこの2択です

PS4

最初に、PS4は大きく3つの型番に分かれます。

  • PS4「CUH-1000系」:初期モデル
  • PS4 Slim「CUH-2000系」:薄型、省電力モデル
  • PS4 Pro「CUH-7000系」:4K対応のハイエンドモデル

PS4とPS4Slimは、性能・機能ともに同じです。
そのため、今からPS4を選ぶメリットはありません。

「じゃあどの型番を選べばいいの?」という疑問に答えると、素直にPS4 SlimかPS4Proの最新モデルを選べばOK

最新モデルは小型化や省電力化が進んでいて、実用性が高いです。
さらに、発売日が新しいので、故障リスクも低いですよ。

最新モデルのこの2つから選べばOK

まずは、上記2つの型番を丁寧に解説します。
その後に、他の型番もサクッと解説しますね。

補足:型番の読み方はこちら

型番の例:CUH-1000AB01
特徴:初期型、500GB、ブラックカラー 

①CUH-1000:機種名
②AB:HDD容量
→AB=500GB BB=1TB CC=2TB
③01:カラー
→01:ブラック 02:ホワイト

上記の通りです😌

①小型で低価格のPS4:CUH-2200

PS4:CUH-2200
発売日2018年6月25日
HDD500GB、1TB
サイズ265mm×39mm×288mm
質量2.0kg
消費電力最大165W
カラーブラック、ホワイト

小型で、安くて、故障しづらい、コスパの良いPS4がほしいな。
4Kテレビは持ってないから、フルHDで十分。

こんな人には、PS4の最新モデル「CUH-2200」がおすすめです。

CUH-2200の特徴

  • 重量、サイズ、消費電力が歴代モデルの中で最小
  • 静音性が高く、ゲームに集中できる
  • 2020年9月まで出荷されていたため、故障リスクが低い
  • 4K出力には非対応
  • 音声出力用の光デジタル端子がない

ゲームへの没入感を損なわないためにも、静音性の高さは大切です。

しかも、本モデルは小型で低消費電力のため、使い勝手が良いですよ。

私は、初期型(CUH-1000)からPS4 Slim(CUH-2200)に乗り換えました。
初期型はファンの音が「ジー」「ブーン」と鳴って、地味にうるさいです…。

しかし、PS4 Slimは消費電力が低いおかげで、マジで無音ですよ。控えめに言って、快適😌

欠点は、光デジタル端子がないため、映像出力と音声出力を分けられないこと。
しかし、HDMI端子から映像+音声出力をすればいいので、特に問題ないです。

PS4選びで迷ったら、このモデルを選びましょう。
生産終了品のため、価格が高騰しないうちにどうぞ。

ミニマル

余談ですが、映像を高輝度で表現する「HDR」は、全てのPS4に対応していますよ。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CUH-2200で使える縦置きスタンド

②4K対応&静音のPS4Pro:CUH-7200

PS4Pro:CUH-7200
発売日2018年9月18日
HDD1TB、2TB
サイズ295mm×55mm×327mm
質量3.2kg
消費電力最大300W
カラーブラック、ホワイト

ゲームを4Kの高画質で楽しみたい!
あと、少しでもロード時間を減らして、快適に遊べたら嬉しいな。

こんな人には、PS4Proの最新モデル「CUH-7200」がおすすめです。

PS4Proを使うメリットは、「4K or 4K未満のディスプレイ」「PS4Pro対応ソフト or 非対応ソフト」で分かれます。

では、見ていきましょう。

4Kディスプレイでゲームを遊ぶ場合

  • PS4Pro対応ソフト:
    ・4K解像度でゲームを遊べる
    ・通常のPS4よりも映像表現が強化される
  • PS4Pro非対応ソフト:
    ・4K解像度にアップスケールされたゲームを遊べる
    ・ロード時間の短縮(ブーストモード)
    ・フレームレートの向上・安定(ブーストモード)

上記の通りで、PS4Pro非対応のソフトを遊ぶ場合でも、「4K化、ロードの高速化、フレームレートの向上」のメリットがあります。

対応ソフトを知りたい場合は、有志が制作した「PS4Pro対応ソフトまとめWiki」を参考にどうぞ。

パッケージ版であれば、裏面に「PS4Pro Enhanced」と記載されていますよ。

4K未満のディスプレイでゲームを遊ぶ場合

  • PS4Pro対応ソフト:
    ・フルHDに最適化されたゲームを遊べる(スーパーサンプリングモード)
    ・通常のPS4よりも映像表現が強化される
  • PS4Pro非対応ソフト:
    ・ロード時間の短縮(ブーストモード)
    ・フレームレートの向上・安定(ブーストモード)

上記の通りで、4K未満のディスプレイを使う場合でも、「高画質化、ロードの高速化、フレームレートの向上」のメリットがあります。

ブーストモード、スーパーサンプリングモードの説明は、下記の通り。

・ブーストモード:PS4 Pro非対応タイトルのパフォーマンスを上げるモード
機能:フレームレートの向上と安定化、ロード時間の高速化

・スーパーサンプリングモード:2K以下のディスプレイに映像出力するとき、ゲームの画質を向上させるモード
機能:720p→1080pにアップスケール、4Kでレンダリングしてから1080pに縮小(高画質化)

その他のPS4Proの特徴

  • 背面にUSBポートがあるので、PS VRや外付けSSDのケーブルがスッキリする
  • 光デジタル端子で音声出力ができる
  • PS VRソフトの画質向上やロード時間短縮
  • 高速規格のSerial ATA 3に対応しているため、SSD換装時にロードが高速化

こんな感じで、4Kディスプレイの有無に関わらず、PS4Proを購入する価値はあります。

欠点を挙げておくと、前述のPS4 Slim(CUH-2200)よりも1.2kg重く、最大消費電力が135Wも高いです。
中古価格も約1万円上がるので、一長一短ですね。

総合すると、「4Kでゲームを遊びたい」「ロード時間を減らしたい」「SSD換装やPS VRに興味がある」と思う人は、PS4 Proの利用をおすすめします。

参考サイト:あなたに最適なのはPS4®? PS4®Pro? どちらを選べばいい? 【最新版】
※SONY公式の「PlayStationBlog」の記事で、細かい機能まで分かりやすく解説されています。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CUH-7200で使える縦置きスタンド

その他:PS4本体の型番7選

PS4

前述の「CUH-2200」「CUH-7200」除いた、PS4の歴代型番を7つ紹介します。

性能や機能面で選ぶメリットはないですが、中古価格が安ければ、購入する価値はありますよ。

①PS4の初期モデル:CUH-1000

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CUH-1000は、2014年2月に発売されたPS4の初期モデル。

特徴は下記の4点です。

  • ①ツートンカラーの角張ったデザイン
  • ②付け替え可能な、光沢があるHDDベイカバー
  • ③電源・ディスク取り出しボタンがタッチセンサー(PS4 Slimは物理ボタン)
  • ④光デジタル端子搭載

上記の通りで、初期型だけあって高級感があります。

PS4 Slim(CUH-2200)と比較すると、下記の通りです。

  • 質量:約2.8kg → 約2.0kg
  • サイズ:275mm×53mm×305mm → 265mm×39mm×288mm
  • 最大消費電力:250W → 165W

このスペックを見れば分かる通り、重くて、デカくて、電気代がかかるのが欠点です。

光デジタル端子はPS4Proにも搭載されているので、そちらを購入しましょう。

②バグを修正した微調整モデル:CUH-1100

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CUH-1100は、2014年9月に発売された微調整モデルです。

初期型(CUH-1000)からの変更点は、バグやエラーの修正のみ。
外観やスペックは完全に同じなので、初期型の完全上位互換と言えます。

とはいえ、今から購入する価値はないです😌

③軽量&省電力化した改良モデル:CUH-1200

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CUH-1200は、2015年6月に発売された改良モデル。

前述の「CUH-1000〜1100」と比較すると、下記の点が変更されています。

  • 8%の消費電力低減(最大250W→最大230W)
  • 10%の軽量化(2.8kg→2.5kg)
  • HDDカバーが本体同様のマットな質感に変更
  • ボタン類が物理ボタンに変更

上記の通りで、初期型から装飾を削った「廉価モデル」とも言えますね。

初期型の角張ったデザインが好みで、省電力性にもこだわりたい人は、購入すると満足度が高いと思います。

④小型・軽量の新モデル:CUH-2000

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CHU-2000は、2016年9月に発売された小型・軽量の新モデル。
一般的に「PS4 Slim」と言われています。

変更点はかなり多く、下記の通りです。

「CUH-1200」からの変更点(性能)

  • 質量:約2.5kg → 約2.1kg
  • サイズ:275mm×53mm×305mm → 265mm×39mm×288 mm
  • 最大消費電力:230W → 165W

「CUH-1200」からの変更点(機能)

  • 丸みを帯びたデザインに変更
  • USB 3.0 × 2 → USB 3.1 Gen.1 ×2
  • IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.0の対応
  • 光デジタル端子の廃止
  • 電源ランプが小型化(初期型は中央の溝がライン状に光る)

「CUH-1200」からの変更点(コントローラー)

  • ライトバーがタッチパッドにも追加(旧モデルは上部に一箇所だけ)
  • 材質が光沢からマットな質感に変更
  • 有線接続によるボタン入力に対応(旧モデルはUSBケーブルで繋いでも、Bluetooth接続によるボタン入力)

上記の通りで、デュアルショック4の改良と、USBや各種機能のバージョンが更新されています。

消費電力は約3割も減っているので、多少の価格差であれば、CUH-1000系よりも断然おすすめです。

⑤デザインを微調整したモデル:CUH-2100

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CHU-2100は、2017年7月に発売された微調整モデル。
スペックは据え置きで、下記の3点のみ変更されています。

  • 表面が滑らかな材質から、ざらざらとした材質に変更
  • HDDベイカバーのパーツ変更
  • 背面の冷却ファンの網目が細かい(虫混入対策)

CHU-2000よりも発売日が10ヶ月あとなので、同じ価格帯ならばこちらがおすすめです。

⑥PS4Proの初期モデル:CUH-7000

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CHU-2100は、2016年11月に発売されたPS4Proの初期モデルです。

最新モデル「CUH-7200」とのスペック上の違いは、0.1kg重く、最大消費電力が10W高いだけ。

しかし、冷却ファンの音がうるさいので、どうせならばCUH-7200」を選びましょう。

⑦省電力化したPS4Pro:CUH-7100

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

CHU-2100は、2017年10月に発売されたPS4Proの初期モデル。

CUH-7000からの変更点は、重量が「3.3kg→3.2kg」に軽量化されただけです。

まとめ:PS4本体はこの型番を選べばOK

PS4

結論を改めて言うと、今からPS4を購入する場合は、PS4 Slim(CUH-2200)かPS4 Pro(CUH-7200 )を選べばOKです。

2台の特徴をまとめると、下記の通り。

PS4 Slim「CUH-2200」のまとめ

【特徴は下記の3点】
①重量、サイズ、消費電力が歴代最小
②静音性が高く、ゲームに集中できる
③最新モデルのため、故障リスクが低い

【こんな人におすすめのモデル】
・コスパ最強のPS4がほしい
・小型で故障リスクが低いPS4がほしい
・テレビが4Kに非対応だから、フルHD画質で十分

PS4 Pro「CUH-7200 」のまとめ

【特徴は下記の3点】
①4K、強化された映像表現でゲームを遊べる
②ブーストモード:ロード時間の短縮やフレームレートの向上
③スーパーサンプリングモード:2K以下のディスプレイでも高画質化

【こんな人におすすめのモデル】
・ゲームを4K画質で楽しみたい
・ロード時間を減らして快適に遊びたい
・SSD換装やPS VRに興味がある

上記の通りです。

PS4は2020年9月に、全ての出荷が完了しています。
美品が手に入りやすい今のうちに、確保しておきましょう😌

迷ったらコンパクトなPS4 Slimがイチオシです

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
よかったらシェアしてね!