【お得】本・マンガの読み放題サービス「Kindle Unlimited」が95%OFF!【8/5(木)まで】

【大満足】SuperTank Proのレビュー【結論:理想のモバイルバッテリーがここにあった!】

雑記ゲームブロガー!
ミニマル @minimal005)です。

先日、2021年1月に発売された大容量モバイルバッテリー「Zendure SuperTank Pro」を自腹購入しました。

購入した商品はこちら

2週間以上使ってみたので、「使用感」「良し悪し」「類似製品との比較」などを正直にレビューしていきます。

結論から言うと、仕様通りの完璧な動作&充実のバッテリーチェック機能によって大満足でした。

ミニマル
ミニマル

値段は高めですが、見た目も機能も全く申し分ないモバイルバッテリーですよ。

本記事の内容

・SuperTank Proの注目ポイント8選

・SuperTank Proの開封レビュー

・SuperTank Proの良いところ、微妙なところ

・SuperTank Proの総評

SuperTank Proの注目ポイント8選

SuperTank Pro

まずは「SuperTank Pro」の注目ポイントを8つ紹介します。

他のモバイルバッテリーと差別化している点なので、購入を迷っている人の判断基準になりますよ。

8つの注目ポイント
  • 最大100Wの入出力(合計138W出力)
  • 26,800mAhの大容量バッテリー
  • 主流のType-C端子を4つ搭載
  • パススルー充電に対応
  • バッテリーの状態をディスプレイで確認可能
  • 充電残量が減っても出力電圧が低下しない
  • ファームウェアのアップデートも可能
  • 24ヶ月の長期保証

簡単に注目ポイントを紹介

本製品を選ぶ最大の理由となるのが、USB Type-C端子を利用した最大100Wの入出力です。

96W充電を必要とする「MacBookPro16インチ」ですらフルスピードで充電可能。
さらに大容量の26,800mAhにも関わらず、100W入力により約1時間45分でフル充電することができます!

この時点でライバル機がほぼないのですが、SuperTank Proは「充電残量が減っても出力電圧が低下しない」という最強機能を備えています。

一般的なモバイルバッテリーは、バッテリー残量が減ると出力W数も減少するんですよね。

例えば、安い中華製品に100W出力対応のモバイルバッテリーがありますが、80%や50%を切ると最大出力を維持できないケースが多いので注意してください。

そして、入出力のワット数をOLEDディスプレイで確認できる点もかなりの魅力ですね。

規格がややこしい「Type-C端子」「Type-Cケーブル」で急速充電できているか確認できるのは、ガジェット好きにとってありがたい…。

移り変わりが早い充電規格も「ファームウェアのアップデート機能」によって最新規格に対応できますし、高価なだけあって長年使える実用的なモバイルバッテリーです。

ミニマル
ミニマル

どんなガジェットでも安定して高速充電することができますよ。
100W以内なので飛行機への持ち込みも可能です!

SuperTank Proの概要

上位モデルの「SuperTank Pro」と下位モデルの「SuperTank」のスペックは以下の通りです。

SuperTank ProSuperTank
価格約26,800円約16,500円
バッテリー容量26,800mAh27,000mAh
端子類USB Type-C×4USB A×2
USB Type-C×2
入力電力最大100W最大100W
出力電力最大100W、合計138W最大100W、合計138W
材質アルミ合金シェルプラスチック
ディスプレイバッテリー残量
各ポートの電力量
バッテリー残量
サイズ124×74.5×45.5mm119×73×42mm
重量566g525g
SuperTank Proの端子電力量SuperTank電力量
①USB-C(入力・出力)100W①USB-C(入力・出力)100W
②USB-C(入力・出力)100W①USB-C(出力のみ)60W
③USB-C(出力のみ)20W①USB-A(出力のみ)18W
④USB-C(出力のみ)20W①USB-A(出力のみ)18W

SuperTankProは約1万円高いですが、

  • 出力できる電力量が全体的に高い
  • 各ポートの電力量を確認可能
  • アルミ合金による高級感

という3つのメリットがあります。

また、SuperTankはバッテリー残量が50%以下になると、60W出力まで抑えられる仕様です。

60W以上の電力を必要とする電子機器を持っている場合、弱点が改善された「SuperTankPro」を選ぶことをおすすめします。

ミニマル
ミニマル

Pro版は見た目も細かい機能もスキがないですね。
USB-Aポートはありますが、変換アダプタが付属していますよ。

SuperTank Proの開封レビュー

本体箱をチェック

SuperTank Pro
SuperTank Pro
SuperTank Pro
SuperTank Pro

本体箱はザラザラとしたマッドな質感で、製品の機能や特徴が英語で記載されています。

ガジェットの箱を開ける瞬間はワクワクしますよねw
黒基調で重量感があるので、個人的に良い感じです。

本体箱を開封

SuperTank Pro

本体箱をパカッと開けると、SuperTankProが専用ケースに入って収納されています。

では、中身を出していきますね。

SuperTank Pro
SuperTank Pro
SuperTank Pro

同梱物は以下の通りです。

同梱物一覧
  • SuperTankPro本体
  • SuperTankPro専用ポーチ
  • USB-Cケーブル(約1m、100W対応)
  • USB-C to USB-A変換アダプタ
  • 説明書、保証書(24ヶ月)
  • ステッカー

モバイルバッテリーは持ち運ぶためのモノなので、公式の専用ポーチが付属している点は嬉しいですね。
丁度いいサイズのポーチを探す手間が省けます。

あとSuperTankProはUSB-C端子しかないので、USB-A変換アダプタが付属しているもポイントが高いです。

ミニマル
ミニマル

専用ポーチの収納部分にはUSB-Cケーブルと変換アダプタが入りますよ。
これ1つ持っておけば安心です。

本体をチェック

上面・底面

SuperTank Pro
SuperTank Pro
SuperTank Pro

外観はアルミ合金を削り出したような感じで、高級感があって良いです。
Macbookシリーズとの相性は間違いなく最高ですね。

側面には電源ボタンが配置されており、ボタンを押すと「カチッ」という気持ちいい音が鳴ります。
全体的にシンプルながら丁寧な作りだと感じました。

前面

SuperTank Pro
SuperTank Pro

前面にはバッテリー残量と各ポートの電力量を確認するための「有機ELディスプレイ」が付いています。

右上には「目安となる残りの充電時間」が書かれており、モバイルバッテリーとして非常に実用的な仕様です。

その下にはUSB Type-Cポートが4つ。
単体100W&合計138W出力の安心感は凄いですね。

背面

SuperTank Pro

背面には認証マークや細かい仕様がびっしりと記載されています。

電気用品安全法をクリアした「PSEマーク」もあるため、日本国内でも安心して利用可能です。

SuperTank Proの良いところ

SuperTank Proを2週間以上使ってみたので、良いところと微妙なところを正直にレビューしていきます。

安定して高い入出力が可能

SuperTank Pro

SuperTank Proの仕様はほぼ完璧なので、「実測値で出るか」「不具合はないか」の2点が気になる部分だと思います。

結論、ここに関しては全く問題ないので、安心して大丈夫です。

例えば、上記写真では96Wの充電器で94.2W充電ができています。
他にも3枚ほど写真を貼ってみますね。

iPhone11ProMax(最大20W)を充電して19.7Wで安定
SuperTank Pro

4ポート出力でも問題なく動作
SuperTank Pro
15.6インチ、4Kモバイルモニターの最高輝度が安定して動作
SuperTank Pro

SuperTank Proはデバイスを自動認識して最適な出力をするため、100W以内の製品を充電するには最適なモバイルバッテリーだと思います。

ミニマル
ミニマル

不具合がないとレビューに困りますねw
でも、仕様通り忠実に動作するのは良いことです!

ディスプレイが見やすくて便利

SuperTank Pro

有機ELディスプレイだけあって視野角が広く、輝度も十分に高いです。
斜めから見てもバッテリー状態を確認できるのは良いですね。

また、各ポートの電力量はリアルタイムで変動します。
仕様通りの動作で、不満は一切ないです!

アルミ合金による高級感

SuperTank Pro

SuperTank Proは金属製だけあってズッシリとした印象。
ディスプレイが付いていることもあり、安っぽさは一切感じられません。

「アルミ合金+多機能」によって一見重そうに見えますが、500mペットボトル1本ちょっとの重さに抑えている点も素晴らしいです。(本体重量:566g)

例えば、Anker製モバイルバッテリーの最上位モデル「PowerCore III Elite 25600」は最大60W出力&25600mAhで568gなんですよね。

高級感と機能性を両立しつつ、売れ筋のモバイルバッテリーとほぼ同じ重さを実現しているのは見事です。

長期的に安心して使える

SuperTank Proは値段が高いこともあり、購入者にとってはできるだけ長く愛用したい製品です。

その点、「24ヶ月の長期保証」「ファームウェアアップデート機能」によって長期的に安心して使えることが保証されているのは大きなメリットですね。

バッテリー劣化の状態もディスプレイを見れば分かりそうですし、これ1台あれば数年間はモバイルバッテリーに困らないと思います。

ミニマル
ミニマル

モバイルバッテリーは安心感を得るために常時するモノ。
長期保証や1%単位のバッテリー残量確認機能は本当に助かります!

SuperTank Proの微妙なところ

値段が高い

値段以外の欠点は全くありませんが、やっぱり約26,800円は高いですよね。

個人的には「安定した100Wの入出力」「電力チェック機能」の機能は最高で、SuperTank Proを購入して本当に良かったと思っています。

ただし万人受けするモバイルバッテリーではないので、お財布さえ許せば、買って後悔することはないと思いますよ。

SuperTank Proの総評

SuperTank Pro

SuperTank Proは大容量・高出力・多機能・優れたデザインなど、現状最高クラスのモバイルバッテリーであることは間違いないです。

その分値段も相応に高いので、大きな電源を必要とする人が買うべきだと思いますね。
特にMacbookProユーザーにはベストバイと言えるアイテムでしょう。

ちなみに、私は楽天で購入して、ポイント込みで約2.5万円でした。
この価格ならば十分におすすめできるので、ガジェット好きの人はぜひ使ってみてください。

それでは、最後まで読んでくれてありがとうございました。
良質なモバイルバッテリーを所持していると、安心できて良いですよ!