【保証】Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶために必要なモノ8選【メリット・デメリットあり】

悩んでいる人

Wiiでゲームキューブのソフトを遊びたいな。
必要なモノを揃えたいから、全て教えてほしいです。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶために必要なモノ8選
  • Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶメリット3選
  • Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶデメリット

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶために必要なモノ8選

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶために必要なモノ8選

結論から言うと、Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶために必要なモノは、下記の8点です。

上記の中から、足りないモノを買えばOKですよ。

順番にサクサクと解説していきますね。

Wii本体

Wii本体は当然必須です。

購入予定の人は、下記の3点を基準に選びましょう。

  • 状態:新品 or 中古
  • カラー:白 or 黒
  • 付属のWiiリモコン:無印 or プラス

上記の通り。

Wiiは中古の完品が2,000円台で購入できるので、こだわりがなければ、中古品でいいと思いますよ。

また、Wiiは現在でも、新品が2万円台で購入できます。
予算があれば、故障リスクの低い新品がイチオシですね。

Wiiの型番は1種類だけなので、迷う要素は少ないです。
足りない周辺機器があっても、個別に購入できます😌

Wiiの基本カラーは白と黒

Wiiリモコン

「ゲームキューブのソフトを遊ぶのに、Wiiリモコンがいるの?」と疑問に思ったかも。

Wiiのホーム画面は、ゲームキューブ用コントローラーでは操作できません。
そのため、ゲームキューブのソフトを起動するためには、Wiiリモコンが必要です。

ちょい面倒ですが、仕様なので諦めましょう。

現在はWiiリモコンプラスの互換品が、約2,000円で購入できますよ。

新しいコントローラーが欲しい場合は、互換品がおすすめです。
※純正品は約7,000円です高い…。

Wiiリモコンプラス(約2,000円)

Wiiリモコンプラス2個セット(約4,000円)

ミニマル

上記の製品はWiiリモコンプラス対応版です。
無印のWiiリモコンを使っている人にもイチオシですよ。

センサーバー

Wiiリモコンと合わせて、赤外線を受信する「センサーバー」も必須です。

互換品は約700円と安価なので、「本体に欠品で困っている」「センサーバーの調子が悪い」という方はどうぞ。

AVケーブル

Wiiに付属する映像出力ケーブルは、「Wii専用AVケーブル」です。

Wiiは独自の「AVマルチ出力端子」を搭載しているため、一般的なAVケーブルは利用できません。
※AVケーブル=赤白黄色の3色ケーブル

そのため、普通に付属品のAVケーブルを使えばOK…と言いたいところですが、「PCモニタにAV端子がない」「Wiiのゲームを高画質で楽しみたい」と思う人は多いですよね。

結論は、HDMIコンバーターがイチオシです

コロンバスサークル

WiiをHDMI出力可能にする「Wii用 HDMIコンバーター」が販売されているので、本製品を利用したHDMI接続がおすすめです。

理由は下記の5点ですね。

  • ①約1,500円と安価
  • ②主流のHDMI端子に接続できる
  • ③高画質でゲームを遊べる
  • ④ケーブルが1本で済むため、スッキリする

上記の通り。

約1,500円で画質と利便性がアップするため、ほぼ必須アイテムかなと。
HDMIケーブルが付属しない点だけ、注意しましょう。

WiiのHDMIコンバーターは、「アップコンバート機能」を搭載していません。
しかし、最高画質のD端子出力と同レベルなので、購入する価値はありますよ😌

ACアダプター

当然必須ですね。

Wiiの電源アダプターは、WiiU、ニンテンドースイッチとは異なります。
併用できないので、注意しましょう。

また、新たに購入したい場合は、安価な互換品でいいと思いますよ。
新品を約1,300円で購入できるので、コスパがいいです。

ちなみに現在でも、純正品のACアダプターは購入可能です。
新品は3,000円台とお高めなので、「中華製品は不安…」と思う方だけどうぞ😌

互換品のACアダプター(約1,300円)

純正品のACアダプター(約3,000円)

GC用コントローラー

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶ場合、ゲームキューブコントローラーが必須です。

Wiiリモコン、クラシックコントローラーは利用できないので、注意しましょう。

新たに購入したい場合は、2018年11月発売の「GCコン スマブラブラック」がイチオシです。
理由は、新品が3,000円台で購入できるからです。

「新品のGCコンが欲しい」「2人プレイでゲームを遊びたい」と思う人は、在庫が切れる前に確保しておきましょう。

GC用メモリーカード

ゲームキューブ用ソフトのセーブデータを作るためには、ゲームキューブ用のメモリーカードが必須です。

残念ながら、Wii本体やSDカードには保存できません。

メモリーカードを購入する場合は、下記の3点から選べばOKです。

特にこだわりがなければ、大容量・低価格の海外製メモリカードでいいかなと。
純正品よりも信頼性は劣りますが、コスパは数十倍高いです。

「万が一でもセーブデータが消えたら困る」と思う人には、純正品のメモリーカードをおすすめします。

GCソフト

まあ、必須ですよね。

お好きなソフトを楽しんでください笑

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶメリット3選

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶメリット

記事が短いので、ちょっとだけおまけです。

有益な情報を挟みつつ、「Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶメリット・デメリット」を紹介しますね。

ゲームキューブが不要になる

一番のメリットは、ゲームキューブの費用とスペースが不要になることです。
※まあ、当然ですよね…。

たぶん、「一部非対応のソフトはないの?」と思った方も多いハズ。
しかしWiiの後方互換性は完璧でして、ゲームキューブの全ソフトが遊べます😌

Wiiはゲームキューブ用コントローラーとメモリーカードが使えるため、上位互換のハードと言ってもいいです。

一応、ゲームキューブの買い方はこちら

HDMIケーブルが安価で使いやすい

前述の通り、Wii用のHDMI変換アダプターは約1,500円です。
他のゲーム機の類似品と比べて、かなり安いかなと。

対して、ゲームキューブ用のHDMI変換アダプターは約4,500円…
しかも電源供給用のアダプターが必須なので、使い勝手が悪いです。

コスパを考えると、ゲームキューブ専用機としても、Wiiのほうが勝りますね。
ただし、Wiiリモコンが必須です。

故障リスクが低い

レトロゲーム機を購入する際、一番不安なのが「故障」です。

これを読んでいる人ならば、ゲーム機がディスクを読み取らなくなったり、電源が付かなくなったりしたことが一度はあるハズ…。

ゲームキューブの場合は、下記の4点の理由から、故障リスクが高いです。

  • ①販売期間が2001年〜2006年と古い
  • ②ディスクドライブが壊れやすい
  • ③分解に特殊ネジ用のドライバーが必要
  • ④修理サポートが終了済み

上記の通り。

対して、Wiiの販売期間は2006年〜2013年と新しいです。
しかもディスクドライブがスロットイン方式なので、汚れに強いですよ。

故障リスクを考慮すると、多少お金を出してでも、Wiiを購入した方が良いです。

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶデメリット

デメリットは1つだけです。

一部の周辺機器に非対応

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶデメリット
本体下部:ゲームボーイプレーヤー

唯一のデメリットは、一部の周辺機器に非対応なこと。

具体的には、GBとGBAのソフトをプレイ可能にする「ゲームボーイプレーヤー」が使えません。

純正品に限ると、GBAをテレビ出力する唯一の方法なんですよね。
これが使えないのは、ちょっと痛いです。

ちなみに非対応の理由はシンプルで、GC専用端子「ハイスピードポート」がないからです。

改造しても無理なので、諦めましょう。

他にも、GCをインターネット接続する周辺機器「モデムアダプタ」「ブロードバンドアダプタ」、ゲームの改造ソフト「プロアクションリプレイ」が使えません。

ただしWiiは無線LANに対応しているので、前者は不要です😌

まとめ

Wii本体一式とソフト

最後に本記事をまとめると、下記の通りです。

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶために必要なモノ8選

Wiiでゲームキューブのソフトを遊ぶメリット・デメリット

  • ゲームキューブが不要になる
  • HDMIケーブルが安価で使いやすい
  • 故障リスクが低い
  • 一部の周辺機器に非対応

上記の通り。

Wiiで遊べるパッケージ版ソフトは、「Wii用ソフト461本+ゲームキューブソフト276本」と豊富です。

そのため、1台持っていれば遊ぶソフトに困りません。
名作が多く、安価で購入できるので、迷ったら購入を検討していいと思います。

では、今回はここまでです。
好きなゲームを存分に楽しみましょう😌
よかったらシェアしてね!