【比較】BandicamとDemoCreatorはどっちがいい?【録画ソフト選び】

悩んでいる人

録画ソフトを使いたいけど、BandicamとDemoCreatorのどっちを買えばいいかな?
詳しい人に意見を聞きたいです。

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • BandicamとDemoCreatorの比較表
  • Bandicamが優れているところ4選
  • DemoCreatorが優れているところ4選

この記事を書いた人

ゲームブロガー「ミニマル」のプロフィール

BandicamとDemoCreatorの仕様を比較

BandicamとDemoCreatorの仕様を比較

最初に、BandicamDemoCreatorの仕様を比較してみましょう。

スクロールできます
DemoCreatorBandicam
対応OSWindows/MacWindows
最高画質4K(4096×2160)4K(3840×2160)
最高フレームレート120fps480fps
動画ファイル形式
(Windows版)
AVI、MP4、MKV、WEBMなどAVI、MP4、MKV、WEBM
ハードウェアエンコード対応対応
無料版の制限・録画時間10分間のみ
・出力した動画にロゴがつく
・録画時間10分間のみ
・出力した動画にロゴがつく
価格年間:2,480円
永続:4,480円
永続:4,400円
2台永続:6,600円
特徴・動画編集が可能・簡単な動画編集が可能
・予約録画、自動録画機能あり

上記の通り。

結論から言うと、録画機能はほぼ同じなので、実用性に差はありません

そのため、後述する「各ソフトの優れているところ4選」で判断すればOKですよ。

「え、そんなことなくない?」と思ったかも。

しかし、どちらも「4K&120fps」以上で録画可能なので、画質は十分。
さらにGPUを活用する「ハードウェアエンコード」に対応しているため、負荷も低いです。

そのため、一般ユーザーにとっては、どちらも十分過ぎるスペックですよ。

一応、画質やフレームレートで選ぶのもあり

細かい話をしておくと、最高画質はDemoCreatorが上です。
映画規格のDCI-4K(4096×2160)に対応しているので、横長の映像を完璧に録画できますよ。

次に、最高フレームレートはBandicamが上です。
480fpsまで対応しているので、FPSや格ゲーを144Hz以上で遊ぶ人でも安心です。

最高設定は一長一短なので、画質とフレームレートで選ぶのもありですね。

とはいえ、前述の通り、実用性は変わらないと思いますよ。
どちらも高画質・低負荷で録画可能なので、問題ないかと😌
ミニマル

結論は変わらず、録画機能はほぼ同じです。
なので、次は細かい点に触れていますね。

Bandicamが優れているところ4選

ここからは、Bandicamが優れているところを4つ紹介します。

無料版のロゴが小さい

Bandicam
DemoCreator
a21
a11
previous arrow
next arrow
Bandicam
Bandicam
DemoCreator
DemoCreator
previous arrow
next arrow

無料版の使用を考えているならば、ロゴが小さい「Bandicam」一択です。

上記画像の通りで、Bandicamのロゴは最上部に小さく表示されるだけ。
そのままでも視聴できますし、上部をカットすれば、ロゴを消すこともできます。

対して、DemoCreatorは下部にデカデカと表示されて、邪魔ですよね。
「無料プランで作成された」という文章も入るので、かなり鬱陶しく感じます…。

10分制限でも問題なく、無料で録画したい場合は、Bandicamを使えばOKです。

コーデックの種類が多い

Bandicam

Bandicamは合計12個のコーデックから選んで、録画することができます。

そのため、目的に応じて「高画質」「互換性」「CPUの負荷」「ファイルサイズ」などの優先順位を変更できるんですよ。

例えば、下記の3つのコーデックは、一長一短で分かりやすいかなと。

  • ①H264:高画質・高圧縮、再生ソフトの互換性に欠ける
  • ②MotionJPEG:動画編集に最適、画質は標準
  • ③RGB24:最高画質、最高速、ファイルサイズが大きい
対して、DemoCreatorは「AVC/H.264」「Fast JPG」の2種類です。
高画質・高圧縮の「H.264」だけでも十分ですが、自由に選べるに越したことはありませんよね。

上記の通りでして、コーデックにこだわりがある場合は、Bandicamがイチオシです。

参考:ゲームキャプチャー、デスクトップ画面キャプチャーに最適なコーデック
※公式サイトのコーデック比較表が分かりやすいです。

永久アップデートに対応

Bandicam

Bandicamは製品版(永続ライセンス)を1度購入すると、無期限で最新バージョンにアップデートできます。

つまり完全な買い切り型で、初期費用の4,400円だけ払えばOK。
生涯使えるライセンスなので、コスパが良いです。

対してDemoCreatorの製品版は、同じバージョン内のアップデートのみに対応しています。
大幅なバージョンアップ時に追加料金がかかるので、注意してください。

例えば、下記の通りですね。

DemoCreator製品版の無料アップグレード条件

○ バージョン5.0 → 5.x
× バージョン5.x → 6.0
※過去例:4.x → 5.0のアップグレード代金は1,480円。

永続ライセンスのコスパを重視する場合は、Bandicamを選びましょう。

Bandicamは3,080円で追加ライセンスを発行できるので、コスパが良いですよ。

ユーザー数が多い→問題解決しやすい

Bandicamは老舗の録画ソフトだけあって、ユーザー数が圧倒的に多いです。

そのため、ネット上には、有志による情報が山ほどあります。
分からないことがあったときに、ググって解決できるのは便利ですよね。

例えば、「Bandicam 高画質化」「Bandicam 低負荷」でググれば設定方法がでてきます。
コーデック、ファイル形式、フレームレートがイマイチ分からない場合でも、問題なく使えますよ😌

上記の通りでして、BandicamはPC初心者にも最適な録画ソフトです。

ミニマル

Bandicamの優れているところは以上です。
では、次に進みますね。

DemoCreatorが優れているところ4選

ここからは、DemoCreatorが優れているところを4つ紹介します。

UIがシンプルで分かりやすい

a-8
y
b
WS000000
previous arrow
next arrow
a-8
y
b
WS000000
previous arrow
next arrow

DemoCreatorのUIは上記の通りで、全体的にシンプルで分かりやすいです。

ホーム画面からは、「キャプチャー」「クイックキャプチャー」「動画編集」「プロジェクト」の4つの機能にワンクリックでアクセス可能。

録画、編集モードはデザインに統一感があり、洗練されたUIだと思いました。
「MacOS版をリリースしているだけはある」という印象ですね。

Bandicamはホーム画面に全機能が集約されていて、こちらも使いやすいです。
しかし、一部の設定画面は灰色背景のウインドウで、「Windowsの古いソフト感」はあります😌

録画ソフトは単機能な分、UIもシンプルであってほしいもの。
その点、DemoCreatorは常用したくなる録画ソフトです。

高度な動画編集が可能

DemoCreator

DemoCreatorは「画面録画・動画編集オールインワンソフト」と銘打っているだけあって、高度な動画編集が可能です。

例えば、タイトル入れ、エフェクト、トランジション(画面切り替え)、エレメント(画像アニメーション)など。
エフェクトストアのテンプレート素材を使えば、高度な編集もお手軽にできますよ。

対して、Bandicamの動画編集機能はおまけ程度。
「カット」「分割」「結合」の3つしかできないので、動画編集ソフトは別に必要です。

「録画と動画編集を1つのソフトで行いたい」と思う人は、迷わずにDemoCreatorを選びましょう。

録画→編集の流れがスムーズ

DemoCreator

キャプチャーモードで録画を終えると、「音声+画面+Webカメラの映像」をインポートして、編集画面に移動します。

そのため、「録画→動画編集」の流れがスムーズ
動画編集ソフトを立ち上げて、映像をインポートする手間を省けるのは快適です。

Bandicamの動画編集機能を使うには、ホーム画面から、専用の動画編集ソフト「BANDICUT」を起動する必要があります。

個別にインストールする必要があるので、一般的な動画編集ソフトの方がいいかなと…。

MacOSでも使える

DemoCreatorはMacOS版もリリースされています。
そのため、Windows/Macの両方で、違和感なく使うことができますよ。

特に動画編集をする人は、MacOSを利用する可能性が高いハズ。
対応OSが多いソフトに慣れると、操作を覚える手間が減って楽です。

MacOSの有料録画ソフトは数が少ないです。

その点、DemoCreatorはトップクラスに優秀な録画ソフトなので、Macユーザーにはイチオシですよ。
※ただし、ライセンスはWindows/Macで別。

上記の通り。

DemoCreatorの詳細は下記のレビュー記事にまとめているので、気になる方はどうぞ。

では、まとめに入りますね。

DemoCreatorのレビュー記事はこちら

まとめ

ノートパソコン

最後に本記事をまとめると、下記の通りです。

Bandicamの優れているところ4選

  • ①無料版のロゴが小さい
  • ②コーデックの種類が多い
  • ③永久アップデートに対応
  • ④ユーザー数が多い→問題解決しやすい

DemoCreatorの優れているところ4選

  • ①UIがシンプルで分かりやすい
  • ②高度な動画編集が可能
  • ③録画→編集の流れがスムーズ
  • ④MacOSでも使える

上記の通り。

録画機能を重視するならば、人気の高い「Bandicam」を選べば間違いありません。
細かい設定ができるうえに、コスパも良い優秀な録画ソフトです。

また、動画編集機能を重視するならば、「DemoCreator」一択です。
シンプルなUIで使いやすいので、録画も編集もこれ1つで十分ですよ。

ぶっちゃけ、どちらも優秀なソフトなので、好みで選んでも、後悔することはないですよ。
迷った時は、無料版を試してから購入しましょう😌

では、今回はここまでです。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

» Bandicamのダウンロードページはこちら

» DemoCreatorのダウンロードページはこちら

よかったらシェアしてね!